ご予約・お問合せ
03-5215-1114
初めての方
  • 受付時間
  • 09:00 - 12:00 (予約優先制)
    12:00 - 16:30 (完全予約制)
    16:30 - 18:30 (予約優先制)
    ※初診は最終受付18:00

麹町消化器・内視鏡クリニック

MENU

直腸肛門の症状

Anus and recum

Web予約

求人案内

Anus and recum

直腸肛門の症状

脱肛(肛門の腫れ)

脱肛とは直腸下部の粘膜や肛門の粘膜が肛門の外に脱出してしまう状態のことをいいます。脱出する際に痛みや出血を伴うこともあります。一時的な症状で自然に戻ることもありますが、ひどくなると指で押し込んで戻さなくてはならなかったり、さらに進行すると飛び出したままになってしまうこともあります。いわゆるいぼ痔の代表的な症状ですが、大腸がんなどの生命にかかわる病気との見極めも重要です。

関連疾患

内痔核、外痔核、血栓性外痔核、直腸脱大腸がん

下血(血便)

下血とは、消化管からの出血が便に混じった状態で肛門から排出されることを言います。食道や胃などの上部消化管からの出血の場合は黒色のタール便になることが多く、大腸の奥からの出血の場合は暗赤色、直腸や肛門からの出血の場合は赤色の鮮血便となります。また、肉眼では見えないごく少量の出血の場合は潜血便といい、便潜血検査で確認します。

関連疾患

胃・十二指腸潰瘍大腸憩室症虚血性腸炎感染性腸炎潰瘍性大腸炎クローン病、大腸ポリープ、大腸がん

肛門痛

肛門の周囲に痛みを生じることを言います。原因は様々ですが、原因疾患の存在する症候性の肛門痛と原因のはっきりしない無症候性の肛門痛があります。症候性肛門痛の治療には原因疾患の治療を行う必要があります。一方、無症候性肛門痛に対しては生活環境の改善やストレスの緩和、安定剤の内服が有効なことがあります。

関連疾患

痔核(いぼ痔)裂孔(切れ痔)痔瘻肛門周囲膿瘍、術後疼痛、陰部ヘルペス、直腸肛門異物、直腸脱直腸がん

掻痒感

肛門周囲の皮膚はデリケートなため、かゆみを感じることは多く、原因もさまざまです。また、肛門痛などの違和感と混同されることもしばしばです。肛門掻痒症の原因は衛生関連が一般的で、便や汗による湿疹、過度の刺激、拭きすぎや掻破による外傷などが挙げられます。この他、原因のはっきりしない特発性の掻痒症もあります。

関連疾患

尿失禁、便失禁、痔核直腸脱、肛門湿疹、真菌感染

pagetop