ご予約・お問合せ
03-5215-1114
初めての方

麹町消化器・内視鏡クリニック

MENU

内視鏡検査

Endoscope

Web予約

求人案内

内視鏡検査

胃内視鏡検査

下咽頭、食道、胃、十二指腸を直接カメラで観察する検査です。胃内視鏡検査(胃カメラ)では下咽頭がん、食道がん、胃がんなどのほか、逆流性食道炎、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染の有無を調べることができます。

大腸内視鏡検査

肛門から内視鏡を挿入し、盲腸までの全大腸を詳細に調べるための検査です。大腸がんや大腸ポリープは、定期的な内視鏡検査を行っていれば、早期に発見でき、内視鏡での治療が可能な病気です。つまり、大腸がんは予防できる「癌(がん)」のひとつであると言えます。大腸内視鏡検査を定期的にきちんと受けることが、大腸がんの早期発見・早期治療にはとても大切です。

当院の内視鏡検査の特徴

1.苦痛を軽減

豊富な経験をもとに患者様一人一人の状態を見ながら最適な鎮静剤、鎮痛剤の種類や投与量、組合せを選択して検査を行います。完全に眠っているか、うとうとした状態で検査を受けていただくことができるので苦痛を感じることはほとんどありません。

2.小さな病変も見落とさない

当院では全検査NBI拡大観察内視鏡を使用しています。NBIと呼ばれる特殊光と100倍までの拡大観察を用いることで、高い診断精度でこれまで以上に正確な治療方針の決定が可能となります。

3.数多くのがん治療経験のある内視鏡専門医による検査

当院の内視鏡検査は経験豊富な消化器内視鏡専門医が行います。院長は胃・大腸内視鏡検査を約20,000件以上、また外科医として早期がんから進行がんまで胃・大腸がんを3,000件以上経験しております。

4.日帰りポリープ切除

当院では内視鏡検査中にポリープが見つかった際には積極的に日帰りでのポリープ切除を行っております。検査と治療が1回で行われるため、時間的にも経済的にも、そして何より身体的な負担の軽減につながります。

5.胃と大腸の同時内視鏡検査も可能

1回の鎮痛剤・鎮静剤の使用で胃と大腸の同時検査を行うことも可能です。一度に胃と大腸の検査を行うことで、時間的にも経済的にも負担は軽減されます。一方で身体的な負担は別々の機会に検査を行う場合と変わりありません。

6.おなかの張らない炭酸ガス(CO2)

検査の際には大腸を膨らませて観察する必要がありますが、当院ではオリンパス社製の炭酸ガス送気装置(UCR)を導入し、全検査で空気の代わりに炭酸ガスを使用して送気を行っています。これにより従来の内視鏡検査に比べて圧倒的におなかの張りや不快感が軽減されています。

7.最高水準の衛生管理

検査後は1件ごとに内視鏡の手洗いと、過酢酸を用いた最新のオリンパス社製内視鏡洗浄機(OER-4)による洗浄・消毒を行い、最高水準の衛生管理を実現しております。

8.消化器内視鏡技師資格を有するスタッフ

内視鏡検査および内視鏡手術には術者の他に介助者が必要となりますが、クオリティーの高い内視鏡検査・治療を実現するため、消化器内視鏡技師資格を有するスタッフが在籍しています。

9.土曜日の内視鏡検査も受け付けております

平日はお仕事で忙しい方にも土曜日を利用して内視鏡検査・治療を受けていただけます。

ご予約・お問い合わせ

03-5215-1114

pagetop