ご予約・お問合せ
03-5215-1114
初めての方
  • 受付時間
  • 09:00 - 12:00 (予約優先制)
    12:00 - 16:30 (完全予約制)
    16:30 - 18:30 (予約優先制)
    ※初診は最終受付18:00

麹町消化器・内視鏡クリニック

MENU

腹部の疾患

Abdomen

Web予約

求人案内

Abdomen

腹部の疾患

胃潰瘍

概要

胃潰瘍は、胃酸の影響を受けて胃の粘膜に潰瘍を形成するものを指します。
胃潰瘍は十二指腸潰瘍と比較して胃酸分泌が少ない高齢者に多く見られることから、発症原因は胃の粘膜を保護する粘液の不足と言われてきました。
その後ヘリコバクターピロリ菌が発見され、以後はこの菌の感染と服薬例が増加している鎮痛解熱剤(非ステロイド性抗炎症剤)が2大病因であるといわれています。
また、ストレスも肉体的ストレス、精神的ストレスを問わず潰瘍の原因となります。

症状と診断

最も多い症状はみぞおちの痛みです。これは食前、食後どちらでも生じることがあります。
そのほか腹部膨満感、悪心、嘔吐、食欲不振、胸やけなどを訴えます。鎮痛解熱剤の服用例では自覚症状を訴えず突然の吐血、下血で発症する場合もあります。
診断は胃X線検査(バリウム検査)あるいは胃内視鏡検査で行います。

治療

制酸剤(H2ブロッカーやプロトンポンプ阻害薬)服用で良好な治療効果が得られますが、潰瘍治癒後にこれらの薬を中止すると多くの例で再発してしまうため、維持療法といって長期間にわたる制酸剤の服用が必要でした。
胃潰瘍の多くはヘリコバクターピロリ菌陽性ですが、陽性例では除菌治療により胃潰瘍再発率は著しく低下します。
鎮痛解熱剤による潰瘍は、鎮痛解熱剤の中止が治療法ですが、実際には中止できない例も多く見られます。こうした例には制酸剤や粘膜を保護するプロスタグランディン製剤を処方します。
出血例には内視鏡で止血処置を行いますが、止血不能例では手術療法の適応になります。

十二指腸潰瘍

概要

十二指腸潰瘍は、主に十二指腸の入り口である球部の壁が傷つく病気で、20〜40才の比較的若い方に多くみられます。
欧米では十二指腸潰瘍が、日本では胃潰瘍が主流ですが、生活の欧米化に伴って、日本でも十二指腸潰瘍が増えてきているようです。
十二指腸潰瘍は胃酸の分泌が活発で分泌量の多い人がかかりやすい病気といわれています。しかしなぜこのような差が出るのかについてはよく分かっていません。
最近では、ヘリコバクター・ピロリ菌という細菌が、十二指腸潰瘍の発症や再発に深く関係していることが指摘されています。ピロリ菌の胃内での感染分布の様子によって胃潰瘍・十二指腸潰瘍のどちらになりやすいかが分かる、という報告もあります。つまり、胃全体に感染していれば胃潰瘍、胃の出口付近(幽門部)に集中していれば十二指腸潰瘍になりやすいという具合です。

症状
  • みぞおちの痛み、重苦しさ
  • 嘔吐、食欲不振、体重減少
  • 吐血、下血
  • 気が遠くなるような強い腹痛

典型的な症状としては、みぞおちの痛み、重苦しさなどが、夜間・早朝などの空腹時に起こります。食事をすると胃酸が薄まるまで一時的に症状が軽くなります。
また、潰瘍が治る過程で強い変形が起こり、幽門狭窄(胃と十二指腸の間の管がせまくなり、食べ物が通りにくくなった状態)などを起こすと、食物の排出が障害され、嘔吐、食欲不振、体重減少などがみられることもあります。
病気が重症になると、十二指腸潰瘍部からの出血で、吐血したり、下血(真っ黒い便がでる)することがあります。
さらに潰瘍が深くなり、十二指腸壁に穴があく(十二指腸穿孔)と、気が遠くなるような強い腹痛が出現します。このような症状があらわれた場合は緊急に処置(内視鏡的止血や外科的手術)が必要です。

治療

ピロリ菌の存在が確認できた場合は、初発・再発を問わず除菌治療が第一選択となります。ピロリ菌がうまく除菌できるとほとんどの方の潰瘍が治癒し、その後再発も少ないといわれています。

ピロリ菌以外の原因で潰瘍ができている場合はその原因を取り除く必要があります。最近増えているのが、解熱鎮痛剤や抗血小板剤(NSAID)による潰瘍です。この場合は、薬の内服を止めることができれば潰瘍は治りますが、それができない場合は、長期間にわたり胃酸の分泌を抑える薬を併用する必要があります。

患者様本人が日常生活でできることは、タバコを控えること、ストレスを上手に解消してリラックスする時間を作ること、働き過ぎ、過労にならないように気をつけること、十分に睡眠をとること、食事に関しては決まった時間に食事をして暴飲暴食をしないこと、などです。

慢性胃炎

概要

本来の意味は、胃内視鏡などで胃の組織を採取して、その組織で炎症が見られる場合を指します。
日常臨床では、わざわざ組織をとらなくても胃内視鏡検査やX線検査(バリウム検査)で胃炎の所見が見られる場合や、上腹部症状を訴える例が慢性胃炎と診断されます。このように慢性胃炎は内視鏡や組織など「目で見て診断する」胃炎例だけでなく、「症状そのもの」の診断名としても使われています。
しかし、内視鏡で見る慢性胃炎と慢性胃炎症状は必ずしも一致しません。内視鏡で見られる慢性胃炎の多くは症状がありませんし、逆に強い胃炎症状を訴える例でも内視鏡で胃がきれいなことが多くあります。

原因

内視鏡で見られる慢性胃炎は、これまで加齢変化と信じられていましたが、ほとんどの慢性胃炎はヘリコバクターピロリ菌の感染によって起こることが明らかになりました。慢性胃炎症状の出現原因はさまざまな因子が関与するとされています。

診断

胃内視鏡やX線検査(バリウム検査)で診断することができます。また、いわゆる胃炎症状(胃の痛み、お腹の張り、圧迫感など)を訴える例も慢性胃炎と診断されます。

近年この症状から診断される慢性胃炎は、器質疾患(潰瘍など)が無いのに症状があるわけですから胃の機能の障害が関与しているのではないかと考えられ、機能性ディスペプシアと呼ばれるようになりました。

治療

胃炎症状は生活の質を低下させてしまうため、治療はこの症状の改善を目指して行います。
胃粘膜を保護する薬、胃酸を抑える薬、胃の運動を調節する薬、ストレスが関与していると考えられる例では、抗不安薬、抗うつ薬が処方されます。
また、機能性ディスペプシアの例ではそれに対する治療を行います。

胃がん

概要

胃の粘膜に発生する上皮性悪性腫瘍です。
胃がんは全世界で年間約100万人が罹患するとされており、うち日本では約11万人を占めています。全悪性腫瘍の中で、胃がんはがん死亡数・がん患者数とも第1位を続けてきましたが、食生活の変化、検診の普及、治療の進歩で死亡率は徐々に減少しています。しかしながら、高齢化社会に伴い死亡者数としてはあまり変化がありません。

原因

胃がんの危険因子はヘリコバクター・ピロリという細菌の感染による炎症で、その防御因子は緑黄色野菜の摂取と言われています。
ピロリ菌が持続性の萎縮性胃炎をもたらし、腸上皮化生から胃がんに至るという流れが考えられています。そのため、ピロリ菌の治療(除菌)は胃がんの予防に役に立つとも考えられています。

症状

胃がんの症状は、早期の段階ではほとんど症状がなく、進行に伴い、痛み、不快感、膨満感に加え、胸やけ、げっぷ、吐き気、食欲不振、貧血、体重減少などが認められますが、症状だけからは他の病気と区別が出来ません。

診断

がんの診断はX線検査と胃内視鏡検査によりなされます。

X線検査

バリウムと発泡剤による空気で胃の壁を映し出す方法は二重造影法と呼ばれ、日本で開発されたものです。検診に広く用いられており、日本において早期胃がんの割合が多く、治療成績が他の国々よりも良好であるのはこの二重造影法による検診の普及によるものです。

内視鏡検査

胃内視鏡検査というと苦しいイメージがありますが、機器の発達により、楽に検査が受けられるようになり、画像も鮮明で診断能も向上しています。
内視鏡検査は直接胃内を観察し色調の変化が捉えられること、色素を散布しコントラストを強調できること、鉗子(かんし)という器具で組織をつかみ取り顕微鏡診断ができることなどが揚げられます。さらに、胃周囲のリンパ節や遠い臓器への転移の診断をするのに腹部超音波検査、CT検査、MRI検査などが行われます。
また、検診としてペプシノーゲン検査という血液検査があります。萎縮性胃炎の強い人に胃がんが多いという理論から行われます。

治療

進行度の判定には胃がん取扱い規約が、治療方針の決定には治療ガイドラインが用いられます。
取扱い規約には、がんの位置、形態(肉眼型)、大きさ、胃壁内の深さ(深達度)、リンパ節転移などの取り決めが記載されております。それぞれの所見に応じて、進行度を判定します。

早期胃がんの治療

ガイドラインには治療の原則が記載されております。転移の可能性の低い早期胃がんに対しては、内視鏡的切除術、縮小手術(開腹手術、腹腔鏡手術)などが、それぞれの進行度に応じて選択されます。 
最近では、腹腔鏡手術が普及し、お腹の傷が小さい、術後の痛みも軽い、腸管の動きの回復が早い、出血量が少ない、入院期間が短縮できるなどの利点があげられています。

進行胃がんの治療

進行がんに対しては、標準手術(標準的な範囲でリンパ節を摘出すること)、拡大手術(より大きな範囲でリンパ節を摘出すること、周囲臓器を合併切除すること)などがありますが、それぞれの進行度に応じて慎重に適応を決める必要があります。
さらに、化学療法(抗がん剤療法)の進歩に伴い、進行度や手術時の診断結果に合わせて、化学療法を積極的に行われるようになってきました。外科治療単独だけでなく、外科治療と化学療法の併用療法も一般的となっています。
胃がんは進行するとがん細胞がお腹中にまき散ること(腹膜播種)や血流に乗って肝臓などに転移することもあります。こういった病状には化学療法が選択されますが、治療成績は満足されるものではありません。今後のさらなる治療法の進歩が待ち望まれます。

大腸がん

概要

大腸は消化吸収された残りの腸内容物をため、水分を吸収しながら大便にするところです。
大腸のはじまりは盲腸です。頭部つまり上に向かう部分は「上行結腸」、次いで横たわっている部位は「横行結腸」、足つまり下に向かう部分は「下行結腸」、S字状に曲がっている部分は「S状結腸」、約15cmの真っすぐな部分は「直腸」、そして最後の肛門括約筋のあるところが「肛門管」です。全体で約1mの長さがあります。

大腸粘膜のあるところは、どこでもがんができるリスクがありますが、日本人は「S状結腸」と「直腸」に大腸がんができやすいです。

 

年齢別に大腸がんの罹患率をみると、50歳代付近から増加し始め、高齢になるほど高くなります。
大腸がんの死亡率は男女ともに1970年代から急増しており、脂肪摂取量の増加と関連があると考えられています。
がんによる死亡の原因として、大腸がんは男性で第4位、女性で第1位を占めるまでになっています。

直系の親族に同じ病気の人がいらっしゃる場合、大腸がんにかかりやすいと考えられています。
生活習慣においては、肥満であると結腸がんリスクが高くなることが確実とされています。また、飲酒や加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージなど)は、おそらく確実な大腸がんリスクとされています。
そして喫煙習慣は、日本人においては大腸がんリスクを上昇させる可能性があるといわれています。

定期的に適度な運動をすることはが結腸がんの予防に効果があるとされています。また、従来「予防効果がある」とされていた野菜については、最近では疑問視されています。一方、果物摂取は大腸がん予防の可能性があるとされています。

症状

大腸がんの自覚症状は、大腸のどこに、どの程度のがんができるかによって違います。
ただし、がんだけに起こる特徴的な症状はなく、良性疾患であってもがんと類似した症状がおきます。

  • 血便、便が細い(便柱細少)、残便感、腹痛、下痢と便秘を繰り返す

血便、便が細くなる(便柱細少)、残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなど排便に関する症状が多く、これらはS状結腸や直腸に発生したがんにおきやすい症状です。中でも血便の頻度が高く、これはがんの中心が潰瘍となり出血がおきるためです。痔と勘違いして受診が遅れることもありますので注意しましょう。
がんによる血便では肛門痛がなく、暗赤色の血液が便に混じったり、ときに黒い血塊が出るなどの特徴があります。肛門から離れた盲腸がんや上行結腸がんでは血便を自覚することは少なく、貧血症状があらわれてはじめて気がつくこともあります。
腸の内腔が狭くなりおこる腹痛や腹鳴、腹部膨満感や痛みを伴うしこりが初発症状のこともあります。
ときには、嘔吐などのがんによる腸閉塞症状で発見されたり、肺や肝臓の腫瘤として大腸がんの転移が先に発見されることもあります。こうした症状で発見されるがんは進行したものです。

虚血性腸炎

概要

大腸の末梢の栄養血管の虚血が原因で、大腸にびらん、潰瘍、壊死などが生じ、急激な下腹部痛や下痢・下血を起こす病気です。

原因

原因は糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病による動脈硬化とそれに伴う血管の狭小化や便秘や腸管の蠕動運動など機械的刺激が関係していると言われています。高齢化社会となったことや、内視鏡の普及に伴って比較的頻度の高い疾患となっています。まれに若年者に認めることもあるので注意が必要です。

症状

急激に強い腹痛と下痢で発症し、その後に下血が続きます。大腸の左側の血管が血流障害を起こすことが多いため、下行結腸~S状結腸で頻度が多く、左側腹部から左下腹部が突然痛くなります。

診断

急激な腹痛を伴う下痢や鮮血便を認め、大腸内視鏡検査で粘膜の発赤、浮腫、出血、さらにはびらん、潰瘍を認めると虚血性腸炎が疑われます。似た症状を起こす疾患に、潰瘍性大腸炎や感染性腸炎、薬剤性腸炎などがあるので注意が必要です。便秘の際の下剤の内服後に急激な腹痛、下痢、下血を認めた場合は本疾患を疑います。

治療

禁食や点滴による保存治療が第一選択で、多くの場合は一過性の症状で1~2週間で警戒します。しかし、中には数か月の経過で狭窄する場合があり、強度の狭窄に対しては手術が必要となることがあります。

潰瘍性大腸炎

概要

潰瘍性大腸炎は大腸に慢性の炎症がおきて潰瘍やびらん(ただれ)ができる病気で、下痢、血便、粘液と血液の混じった便(粘血便)、腹痛などの症状がみられます。ひどくなると一日に10回以上も粘血便や血便がでるようになります。
これらの症状は、良くなったり(緩解)、悪くなったり(再燃)を繰り返します。

病変は肛門にいちばん近い直腸から奥へ広がっていく性質があり、直腸だけに炎症がある方から、大腸全体に炎症が広がる方までさまざまです。

基本的には良性の病気で、ほとんどの方は適切な内科的治療によりふつうの生活が送れるようになります。
ただし、病気の経過中に、中毒性巨大結腸症(腸管が広がってしまう)、穿孔(腸の壁に孔があく)、がんなどの腸管合併症や、皮膚や眼や関節などの腸管以外の合併症をおこすことがあり、合併症のために手術が必要になることもあります。

日本では1973年に当時の厚生省によって調査研究班が発足し、この病気の診断・治療方法の研究が継続的に進められています。日本の潰瘍性大腸炎の患者数は、96,221人(2006年度特定疾患登録件数)と報告されており、患者数は徐々に増加していますが、欧米に比べると10分の1から5分の1の頻度です。どの年齢層でも発病する可能性がありますが、比較的20歳代の若い人に発病することが多い病気です。

原因

この病気がなぜ発症するかは、正確にはまだわかっていません。以前は細菌やウイルスなどの感染が原因だとする説、牛乳などの食物によるアレルギーによる疾患だという説などがありました。
しかし、現在では、下記の3つが重なり合って発症することや、食生活の欧米化がこの病気の増加の要因になっていると考えられています。
(1)遺伝的な要因
(2)食べ物や腸内細菌、化学薬品などの環境因子
(3)免疫の異常

診断

この病気のほとんどの患者様は(粘)血便や、血性下痢をおこして病院を訪れます。
まず、症状とその経過や過去の病歴などの質問に答えていただく問診から始まります。その後、便潜血検査や炎症反応を知るための血液検査などが行われ、さらに大腸のより詳しい状態を知るために大腸内視鏡検査または注腸X線検査などの検査が行います。これらの検査結果から総合的に診断されます。

治療

治療の原則は、炎症の強いときには、炎症を抑え免疫異常を是正する5-アミノサリチル酸製剤、ステロイドなどの薬剤を用いて、炎症をすみやかに治めることです。
大事なのは、その後の再燃を防ぐことです。
そのためには、精神的・身体的ストレスを避けること、また、脂っこい食物や香辛料・アルコールなどの刺激物を控え、十分な睡眠をとり、疲れをためないことも重要です。

再燃しやすい場合やステロイドなどで炎症が抑えられない場合には、免疫調節剤を用いたり血球成分除去療法(体外循環治療の一種)が行われます。多くの患者様では、これらの治療法で症状が消失して緩解しますが、これらの治療法で効果がない場合や、重い合併症が生じた場合には手術が選択されることもあります。

この病気では発病して8年以上経過し、しかも炎症が広範囲およぶ全大腸炎型に大腸がんができやすいといわれています。定期的な検査を受けることでがんを早期発見できることが報告されていますので、長期に経過されている患者様は大腸内視鏡検査を定期的に受けることが重要です。

クローン病

クローン病は消化管(おもに小腸と大腸)に縦長あるいは不整型の深い潰瘍を形成する慢性の病気で、腹痛、下痢、血便などの症状がみられ、発熱、全身倦怠感、体重減少といった全身症状や肛門病変を伴うこともあります。
日本では1975年には当時の厚生省によって調査研究班が発足し、この病気の診断・治療方法の研究が継続的に進められています。日本のクローン病の患者数は、26,799人(2006年度特定疾患登録件数)と報告されており、患者数は増加していますが、欧米に比べると10分の1から5分の1の頻度です。10歳代〜20歳代の若い人に発病することが多い病気です。

原因

これまでにクローン病が発症する原因として、細菌やウイルスによる感染で発症するという説、食事中の何らかの成分が腸管粘膜に異常な反応をひきおこしているという説などがあげられていますが、いずれもはっきりと証明されたものはありません。
最近の研究では、何らかの遺伝子の異常を背景にもち、免疫を担当する細胞の異常反応が明らかになってきており、食事中の成分、病原微生物などの侵入とそれに対する免疫系の反応異常が原因ではないかと考えられています。

症状

腹痛、下痢、血便などの症状は、よくなったり(緩解)悪くなったり(再燃・再発)を繰り返します。
病変は口から肛門までの消化管のあらゆる部位に発生する可能性ありますが、小腸と大腸のつなぎ目あたりに炎症がおきることが最も多く、病変が小腸だけの方、大腸だけの方、小腸と大腸の両方にある方とさまざまです。
基本的には良性の病気ですが、薬物療法や食事療法のなどの内科的治療で完全に炎症を抑えることは困難で、再燃を繰り返し慢性の経過をとり、長い経過の間で手術をしなければならない患者様も多くみられます。また、病気の経過中に、皮膚や眼、関節など腸管以外に合併症をおこすこともあります。

診断

まず症状とその経過や過去の病歴などの質問に答えていただく問診から始まります。
便潜血検査や炎症反応、栄養状態を評価するための血液検査などが行われ、さらに消化管の病変を調べるために小腸や大腸のX線検査(注腸X線検査)、大腸内視鏡検査といった画像検査が行われ、これらの検査結果から総合的に診断されます。また、必要に応じて小腸の内視鏡検査や腹部・骨盤部のCTやMRI検査が行われることもあります。

治療

基本は、あくまでも腸管におこっている炎症を抑えて、症状の軽減をはかり、かつ栄養状態を改善することです。
そのためには、栄養療法と薬物療法を組み合わせたコンビネーション療法が中心となります。栄養療法は栄養状態の改善だけでなく、腸管の安静と食事中からの炎症の原因となる成分を取り除くことで、腹痛や下痢などの症状の改善と消化管病変の改善が期待されます。病気の活動性や症状が落ち着いていれば、通常の食事が可能ですが、食事による病態の悪化を避けることが最も重要なことです。

薬物療法は炎症を抑えるために5-アミノサリチル酸製剤や副腎皮質ステロイド、緩解を維持するために免疫調節剤が用いられます。
栄養療法やこれまでの薬物療法で炎症が抑えられない場合や瘻孔がある場合に、抗TNF-α抗体という新しいタイプの炎症を抑える薬剤が使用されるようになり、優れた治療効果がみられています。
著しい狭窄(腸が狭くなること)や瘻孔(腸と腸やほかの臓器と交通ができてしまうこと)などが経過中に生じて、内科的治療で病気をコントロールできない場合には手術が必要となります。

急性虫垂炎

概要

虫垂は小腸から大腸へ移行するところより下の大腸(盲腸)の後内側から垂れ下がっている管です。元来、草食動物では虫垂が発達していて消化作用を営んでいますが、人間では退化して痕跡器官になっています。虫垂の形や長さ、位置などは個人差がありますが、一般的に長さは6〜8cm前後で径は6mm前後です。その虫垂が感染して化膿性炎症が起こった場合に虫垂炎といいます。おなかが急に痛くなり、緊急手術となる頻度の最も高い病気の1つです。

原因

虫垂の中に便のかたまりや植物の種子などが入り込んで詰まり、そこに腸管内にいる細菌が感染して、虫垂炎になると考えられています。はっきりとした原因が分からないままに、感染を起こすこともあります。

症状

腹痛が突然起こります。初め、痛みはみぞおち付近(上腹部)にみられ、同時に嘔気、嘔吐やおなかが張った感じを伴うことが多く、胃の病気と勘違いされる人もいます。上腹部の痛みは次第に、右下腹部に移動し、ここで痛みが持続します。この痛みは歩いたり咳をしたときなどに強くなり、37〜38度の発熱もみられます。高齢者では症状があまりはっきりしないことがあります。

診断

今までに述べた臨床症状に加え、右下腹部の触診で圧痛(おさえると痛みがある)や腹筋の緊張が認められることが診断の参考になります。血液検査で炎症反応が認められ、腹部の超音波検査やCT検査で腫大した虫垂がうつれば診断は確実になります。

治療

軽症の場合には抗生物質の投与により炎症をおさえることが期待できます。しかし腹膜炎の疑いがある場合には早めに手術をすべきです。小児や高齢者は症状が急速に進行するなど、診断が難しい場合もあり、早めの治療開始が大切です。

胆石症

概要

胆石は、胆汁中のコレステロールや色素が、胆道(胆嚢、総胆管、肝内胆管)内で固まったものです。
高齢化と食生活の欧米化とともに、胆石を持つ人の割合は増加しており、成人の胆石保有率は10%前後と言われています。みぞおちから右腹部に痛みが出ますが、胆石を持っている人の約3分の2は無症状であると考えられています。

症状

主な症状は、みぞおちから右上腹部に鋭く差し込むような痛み、黄疸、発熱です。痛みは特に食事をとったあとに現れます。
総胆管に胆石がつまると、黄疸の症状が現れ、時には膵液の流れを妨げて、急性膵炎を引き起こすこともあります。また、細菌感染により急性胆嚢炎や急性胆管炎を起こしている場合、39℃を超える高熱が出ることもあります。これから原因となり、敗血症を引き起こすこともあるため、医療機関での早急な対応が必要です。

診断

血液検査(炎症反応、肝機能、膵酵素など)、腹部超音波検査、腹部CT検査を行います。

治療

結石のできた部位によって異なります。胆嚢結石には腹腔鏡下胆嚢摘出術、総胆管結石には内視鏡的切石術などを行います。

過敏性腸症候群

概要

過敏性腸症候群は、腹痛や腹部不快感などの下腹部を中心とした腹部症状、また便秘あるいは下痢などの便通異常を症状としますが、原因となる器質的障害(実際に臓器に損傷があること)を認めない腸管の機能性疾患です。
しかし、その症状は深刻で、QOL(生活の質)を低下させることも少なくなくありません。20〜40歳代に多いことから、学業や就業に支障をきたすため、近年重要視されています。またストレス社会の先進国に多く、一種の文明病とも考えられています。

原因

大腸を中心とした消化管運動の異常、消化管知覚閾値の低下、ストレスなどの心理的要因、ライフスタイルの歪みなどが要因と考えられています。しかし単一要因であることは少なく、むしろいくつかの要因が複合的に関与していることが多いようです。

症状

便通状態から「便秘型」と「下痢型」、そしてその両方を交互に繰り返す「交替型」に分類されます。
「便秘型」はコロコロとした便で出にくく、排便後も残便があります。
「下痢型」は軟便や水様便、粘液便が頻繁に出ます。
また、どの型にも起こり得る症状として、排便により軽快する傾向のある下腹部の痛みや不快感、おなら、腹鳴、膨満感、吐き気などがあります。さらに、めまい・頭痛・動悸・肩凝りなどの自律神経失調症状や不安感・落ち込み・イライラ・不眠などの精神症状がみられることもあります。

診断

大腸がん、クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、感染性腸炎、虚血性腸炎、大腸憩室症などの腸疾患や腎泌尿器系、婦人科系、後腹膜疾患など器質的疾患の除外により診断されます。

治療

器質的障害を伴っていないため、保存的治療が行われます。
主に生活習慣の改善と食事療法、消化管運動機能調節薬を中心とした薬物療法が中心となります。
食事は夜間の大食、刺激物や脂肪分の多いものは避ける必要があります。特定の食物で症状が起きやすい人は、それを避けることで改善が期待できます。また、線維質の多い食品や乳酸菌食品を意識して摂取することで症状が軽快することもあります。
薬物療法は便性状に合わせた腸管運動および内容物を調整する薬剤を用います。また内臓感覚や脳の過敏性を調整するため、あるいは自律神経失調症状や精神症状がみられる場合は、抑うつ感や不安を抑える薬を使うこともあります。

感染性腸炎

概要

腸炎には経過が急性のものと慢性のものがあります。
急性腸炎の多くは病原微生物が原因となってひきおこされる感染生腸炎ですが、そのほかに薬剤によるもの、アレルギーによるもの、動脈硬化によるものなどがあります。
慢性腸炎には、放射線によるもの、全身疾患に伴うものやはっきりとした原因がわかっていない炎症性腸疾患がありますが、感染によるもの(腸結核やアメーバ赤痢)もあります。

原因

感染性腸炎の原因となる病原微生物は、細菌、ウイルス、寄生虫、かびなどさまざまなものがあります。
大きく分けて、細菌やウイルスが腸管の粘膜に感染することで発症するものと、細菌がつくり出す毒素によって発症するものがあります。
下痢や腹痛がおもな症状ですが、下血・血便や発熱をともなったり、悪心・嘔吐、食欲不振などの上部消化管症状をみとめることもあります。

原因と考えられる食物を口にしてから発症するまでの潜伏期間や症状、経過は原因となる病原体によって異なるため、こうした情報から原因となった病原体をある程度推測することができます。日常的によく遭遇するものは細菌性食中毒とウイルス性腸炎です。
以前は法定伝染病といわれたコレラ、赤痢、腸チフス・パラチフスは頻度は少ないものの、感染症法により届出、指定の医療機関による迅速・適切な治療と二次感染の予防が必要となります。

症状
細菌性腸炎

食品による急性腸炎の集団発生はサルモネラ、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌、腸管出血性大腸菌などが原因となります。
頻度が高いのは、鶏卵や食肉につくサルモネラ菌による腸炎で、8〜48時間の潜伏期のあと、悪心、腹痛、下痢が出現します。
カンピロバクター腸炎もよくみられ、おもに鶏肉が感染源で、かぜのような症状が先行します。腸炎ビブリオは魚介類が原因となることが多く、10〜18時間の潜伏期のあと、発症します。
細菌がつくり出す毒素によって発症するもの代表がブドウ球菌で、感染経路となる食物はさまざまで、潜伏期間は短時間(1〜5時間)です。
O-157はベロ毒素を産生する腸管出血性大腸菌の一種で、汚染された食品や水による経口感染、人から人への感染によります。下痢だけでなく血便もみられるのが特徴で、ベロ毒素により急性腎障害、溶血性貧血をおもな症状とする溶血性尿毒症症候群をおこすこともあります。

ウイルス性腸炎

乾燥した冬におこることが多く、「おなかのかぜ」などと呼ばれます。上気道炎症状(かぜ)や上部消化管症状を伴うことも多く、原因はエンテロウイルス、腸管アデノウイルス、ノロウイルスなどです。ロタウイルスは乳幼児の重症化する下痢の原因ウイルスです。
症状と経過だけから原因を特定するのは必ずしも簡単ではなく、細菌性のものは便の細菌培養によって診断される場合もありますが、ウイルス性の場合には原因を特定することは困難で、症状や流行の情報から総合的に判断します。

治療と予防

どのような原因であっても、下痢による脱水の影響を防ぐことが最も重要で、水分補給が中心となります。軽症ならばスポーツ飲料などを飲むだけでよいのですが、重症ならば点滴が必要となります。
止痢薬(下痢止め)は、体内の毒素や病原体の排出を遅らせる可能性があるため、使用は最小限にとどめられます。
細菌性の食中毒は自然に治ることも多く、必ずしも抗生物質を服用しなければならないわけではありません。腸管出血性大腸菌感染では、抗生物質を投与すると症状が重症化する危険性があります。
予防として食品の管理に気をつけ手洗いを励行しましょう。食中毒が発生しやすい季節には生ものはなるべく控え、調理用具を清潔に保ちましょう。また、家族や身近に下痢をして感染性腸炎が疑われる場合には吐物や排泄物の処理に気を付けてください。

機能性ディスペプシア

概要

みぞおちの痛み、食後の膨満感などの上腹部症状を訴え、胃内視鏡検査などで症状を説明しうる逆流性食道炎や胃・十二指腸潰瘍などの器質的疾患が無い例を機能性ディスペプシアと呼びます。
潰瘍などの病気がないのに上腹部症状を訴えるのは機能障害が関係しているのではと考えられ、またディスペプシアは直訳すると「消化不良」ですが、上腹部症状という意味で捉えて、機能性ディスペプシアという診断名が用いられています。
これまで「気のせい」「神経性胃炎」と言われていたこれらの症状を訴える人はじつは極めて多く、生活の質=QOLが著しく低下していることが明らかとなり、治療する臨床的意義は極めて大きいといえます。

原因

発症には、胃運動機能異常、粘膜の炎症、胃酸、内臓の知覚過敏(胃のみならず脳の知覚過敏)、精神神経因子などかさまざまに関与していると議論され、発症機序の解明が懸命に進められています。

症状

辛いと感じる食後のもたれ感、早期飽満感、心窩部痛、心窩部灼熱感のうち一つ以上あり、症状の原因となりそうな器質的疾患(胃内視鏡検査を含む)がないこと。6ヶ月以上前から症状があり、3ヶ月間はこの診断基準を満たす。と定義されています。
日常臨床ではこのような厳密な診断基準に満たなくても上腹部症状を訴える例は機能性ディスペプシアに準じて、症状を軽快・消失させる治療を行います。

治療

症状から定義されている疾患ですので、症状を改善させることが治療目標です。さまざまの原因が複雑に関与して症状をおこしていると考えられていることから、治療はさまざまな薬剤の処方が試みられています。

  • 消化管運動調節薬
  • 酸分泌抑制薬
  • 鎮痙薬
  • 漢方製剤
  • 抗不安薬
  • 抗うつ薬

こうした薬剤が時には組み合わせて処方されています。

大腸憩室症

概要

憩室とは腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状にとびだしたものです。内視鏡でみるとくぼみのようになっています。憩室の数はさまざまで、頻度は年齢とともに増加しますが、大腸検査を行うと10人に1人くらいの頻度で見つかります。
欧米人に多く、日本人にはあまりみられませんでしたが、最近は増加しています。とくに都市部のひとに多く、食事の欧米化、とくに食物線維の摂取量の減少と密接な関係にあると考えられています。日本人では盲腸や上行結腸など、大腸の右側に多くでき、欧米人では大腸の左側に多いという傾向があります。しかし、食事の欧米化や高齢化に伴い、日本でも大腸左側の憩室が増えています。

原因

腸壁そのものがとび出す真性憩室と、腸壁の筋層のすきまから腸粘膜がとび出す仮性憩室の2種類ありますが、大腸憩室症の場合にはほとんど後者の仮性憩室です。
腸管の内圧の上昇に伴い大腸壁の筋肉層の弱い部分(たとえば血管などが腸壁を貫いて筋層が弱くなっている部分)から粘膜が脱出して憩室が生じると考えられています。

症状

ふつうは無症状ですが、憩室に炎症をおこして憩室炎になると腹痛の原因となったり、出血することがあります。盲腸など右側の大腸の憩室炎は急性虫垂炎と症状が似ていて、鑑別が困難なこともあります。検査で大腸に憩室があるといわれた方は、このような病気を起こすかもしれないので、腹痛や下血で病院を受診した際の問診で大腸憩室があると(わかればその部位も)申し出るようにしてください。

診断

多くの場合は検査で偶然発見されます。
胃のバリウム造影検査の数日〜数週間後に腹部のX線検査を受けたときに大腸の憩室に残ったバリウムがみられ、憩室の存在がわかったり、注腸X線検査や大腸内視鏡検査を受けたときに偶然発見されることもよくあります。
憩室炎をおこしているときは、腹部CT検査や超音波検査で憩室の存在や憩室炎を診断できることもありますが、下部消化管の検査は治療によって症状がなくなってから注腸造影検査や大腸内視鏡検査を行って診断を確定します。

治療

大腸憩室症は悪い病気ではありません。たとえ憩室がたくさんできていても、症状がなければ治療は必要ありません。憩室炎や憩室の周りまで炎症が広がる憩室周囲炎は、放っておいて重症化すると腹膜炎に進展することもあり、抗生物質による治療が必要です。大腸憩室からの出血は多くは間欠的な出血で7〜8割が自然に止血しますが、出血の程度が重度の場合やくり返す場合には大腸内視鏡検査による止血処置を行うこともあります。施設によっては注腸X線検査と同じように肛門からバリウムを注入して止血を行うこともあります。また、穿孔といって憩室に孔があくことがあり、こうなると腹膜炎をおこして緊急に手術しなければなりません。
大腸憩室症があっても、日常生活の特別な制限はありません。ただ、比較的線維分の多い食事の摂取を心がけるとともに、便秘をしないよう便通のコントロールを行うことも大切です。なんども憩室炎をくり返すと、大腸が細くなったり癒着を生じたりして、便やガスの通過が悪くなることがあり、便秘や腹部の膨満感が続いたり、内視鏡検査の挿入が困難になったりします。

便潜血

概要

消化管のどこかで管腔側(内側)から出血すると、便の中に血液が混入します(血便)。
出血が多い場合には、出血の部位によりタール便から暗赤色、鮮紅色の顕血便すなわち肉眼的血便となりますが、出血が少量の場合には肉眼的な変化に乏しく(潜血便)、便の潜血反応を行うことで消化管出血の有無を診断します。
以前から行われてきた化学的便潜血検査(化学法)は、便中の血液成分による反応を利用した非特異的血液検出法です。この方法には食肉などの食事や鉄剤、ある種の薬剤と反応し偽陽性になりやすいという欠点がありました。
これらの問題を解消する目的で開発されたのが、食事制限の必要がなく、便中のヒト由来のヘモグロビンに特異的に反応を示す免疫学的便潜血検査(免疫法)です。化学法と免疫法でそれぞれ長所、短所がありますが、最近では免疫法が主流で、大腸がん検診の一次検査や下部消化管疾患のスクリーニング法として用いられています。

検査方法

便の採取法は、便の表面をこすり取る方法やスティック状の採便棒を便に挿して取る方法があり、正確な結果を得るためにも容器に添付の説明書にしたがって採取してください。検診では1日1回ずつ2日間続けて採取する「2日法」が主流です。

検査が陽性の場合

大腸に何らかの病気がある可能性がありますので、すみやかに精密検査を受けてください。もう一度便潜血検査を行うのは意味がありません。もっとも正確な精密検査は大腸内視鏡検査ですが、何らかの理由により内視鏡検査が受けられない場合には注腸X線検査という方法もあります。
便潜血検査が陽性となるためには出血している病変が原因ですが、ポリープやがんの場合はある程度大きくないと陽性になりません。
そのほか炎症性の腸疾患や痔核や裂肛などの肛門の病気でも陽性となります。陽性の場合でも、約半数の人には大腸に病気がありませんし、精密検査の結果、大腸がんと診断される人は0.1〜3%であり、そのうち約半数が早期がんです。自覚症状がなくて検診で発見された大腸がんは治る率が高いので、便潜血検査が陽性にでたからといって不安に思うことなく、精密検査をぜひ受けてください。

便秘症

健常成人は通常1日1回の排便がりますが、便秘症の場合は排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔が不規則で便の水分含有量が低下している状態(硬便)を指します。しかし、明確な定義があるわけではありません。
排便習慣は個人差が大きく、毎日排便があっても硬便や排便困難を感じる場合もあるし、排便が2〜3日に1回で、便が硬くても軟らかくても何の苦痛感を感じない場合もあります。問題となるのは排便困難や腹部膨満感など症状を伴う便通異常=「便秘症」です。
食物は胃で消化され、その栄養分は小腸で消化吸収されます。その残骸が大腸に送られますが、その時点では水分を多く含んだ泥状態です。これが大腸を移動する間、徐々に水分が吸収されて便塊となります。もし便塊が何日も大腸内にあると、水分吸収はさらにすすみ便塊は硬く小さくなります。

脂肪肝

脂肪肝は肝臓、特に肝細胞の中に脂肪(主に中性脂肪)が蓄積された状態で、肉の脂身のように肝臓の周りに脂肪の付いた状態ではなく、肝臓全体に脂肪がたまりフォアグラのようになった状態です。
肝臓は吸収された栄養分などから中性脂肪を作って、その一部を細胞内に蓄えているため、健康な肝臓でも3〜5%の脂肪を含んでおり、さまざまな原因によって処理しきれなくなった脂肪が過度に肝細胞内に蓄積されると脂肪肝になります。
脂肪肝になっている組織を顕微鏡で見ると、肝細胞内に脂肪滴という球状の脂肪が異常に増えているのがわかります。
この脂肪滴が、肝細胞の3分の1以上に認められる状態を脂肪肝といいます。

原因と症状

脂肪肝の原因は、肥満、アルコールの摂りすぎ、糖尿病がほとんどを占めています。また、他の内分泌疾患や代謝性疾患、ある種の薬剤摂取などが原因になることもあり、稀ですが、過度の栄養低下を原因とする場合もあります。
症状はほとんどありません。健診や偶然の機会の血液検査などで肝障害を指摘され、診断されることの多い疾患です。AST(GOT)、ALT(GPT)が高値を示しますが、他の肝臓の病気と比べて、脂肪肝に特徴的なパターンがあるわけではありませんので、これだけで脂肪肝とは診断できません。
肝障害が認められると、原因検査の一環として、腹部超音波検査が行われます。超音波検査では、脂肪肝は正常な肝臓に比べて白っぽく描出されます。通常、肝臓は右の腎臓と接しており、両者のエコー強度(白黒の度合い)は同程度ですが、脂肪肝では、図のようにはっきりとした差ができます。更に、肝臓内部の血管の見え方なども合わせて脂肪肝と診断します。

治療

治療は、原因療法に尽きます。食べ過ぎ、アルコールの摂りすぎを止め、食事療法、運動療法が基本となります。脂質代謝の改善を目的として薬物が使われることもありますが、あくまでも補助的な治療とお考えください。
アルコールによるものは、脂肪肝から肝線維症、肝硬変へと進展し、肝がんの発生がありうることが以前より知られていましたが、最近、アルコールを飲まない方の脂肪肝からも、肝硬変、肝がんへと進展する病態が存在することが明らかとなり、非アルコール性脂肪性肝炎(Non-Alcoholic SteatoHepatitis; 略してNASHナッシュ)と呼ばれています。
一部の脂肪肝のみがNASHに進展しますが、その詳しい仕組みはまだわかっていません。ただし、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などのいわゆるメタボリック症候群を構成する要素を合わせ持った方は、特に注意が必要です。

アニサキス症

概要

アニサキスはクジラやイルカなどの海獣の胃に住む寄生虫で、成虫は10cm近くになります。
人が感染するアニサキス症の原因はこのアニサキスの幼虫で、長さ2〜3cmの細い寄生虫です。
海獣類から排泄された卵が孵化して幼虫になったものをオキアミが食べ、それを食べる魚類(サバ、イカ、タラ、ニシン、サケ、マスなど)に寄生します。アニサキスの幼虫が感染したこれらの海産物を人間が生食すると、それが胃や腸壁に侵入して腹痛をおこします。

症状

アニサキスが寄生している上記の海産物を生で食べたのち、数時間で急激な上腹部痛や嘔吐などの症状が出ます。

診断

冷凍していない上記海産物を生食した数時間後に急激な腹痛を訴えた場合は、アニサキス症を疑います。
確定診断は胃内視鏡検査を行って、直接虫体を確認します。

治療

胃内視鏡検査で消化管に噛みついたアニサキスの虫体を確認したら、鉗子という小さな把持する道具を用いて、虫体が遺残しないように慎重に引き抜いて摘出します。
アニサキスを摘出した後は症状も速やかに消失します。
海獣類が最終宿主のアニサキスは、人間の体内では成虫にならないのでいずれは死んでしまい、増殖することはありません。
しかし、消化管に噛みついている間は腹痛の原因となり、炎症に伴う肉芽種を形成すると腸閉塞を起こす場合がありますので、アニサキスを疑う場合は速やかに>胃内視鏡検査を行い、虫体を摘出すれば治療は終了となります。

食事直後で胃内に残渣が残っている状態だと、胃内視鏡検査を行ってもアニサキスを探し出すことが難しい上に、検査中に嘔吐して誤嚥するリスクもあります。
前日にアニサキス症が疑われる腹痛をおこした場合は、朝食を食べずに外来受診していただけるとスムーズな緊急内視鏡検査をご案内できるかもしれません。

アニサキスは加熱や冷凍処理で死滅すると言われており、こうした調理の工夫をすることで感染を予防することが可能です。なお、内視鏡検査が困難な年齢の小児の海産物の生食には注意が必要です。

ヘリコバクターピロリ菌

概要

胃の中にいる細菌で、胃潰瘍の約70~80%、十二指腸潰瘍の約90%に関わっていると考えられています。日本人を対象にピロリ菌感染の有無で長期間経過を見た報告では、感染者だけに胃がんが見られましたが、感染者全員が胃がんになるわけではないことから、食塩、食事内容、体質などさまざまの因子が発がんに関わり、ピロリ菌が直接胃がんを起こすのではなく、胃がんのできやすい環境になるのではと解釈するのが妥当です。

感染状況と感染経路

ピロリ菌には日本人の約60%が感染しているといわれていますが、感染は衛生環境と関連しています。すなわち、衛生環境が悪いと人から排泄されたピロリ菌が飲み水や食べ物を汚染して次々と感染してしまいます。
感染するのは幼少時で成人ではほとんど感染しません。したがって日本では最近の衛生環境の改善で若年者では感染率が低率ですが、高齢者ではその世代が幼少時に既に感染しているため高率に感染しています。従って、今後日本でも感染者が減少すると期待されています。

診断
  • 血液や尿で測定する抗体測定法
  • 尿素を内服してその前後で吐いた息を採取して調べる呼気試験法
  • 便中のピロリ抗原測定法
  • 内視鏡で採取した組織をもちいるもの
  • 顕微鏡で検鏡
  • 組織培養
  • ピロリ菌のもつ酵素反応を利用する迅速ウレアーゼ法
治療

日本では胃・十二指腸潰瘍で健康保険による除菌治療が認められています。
治療はプロトンポンプ阻害薬と抗菌剤2剤(アモキシシリン、クラリスロマイシン)を1週間内服します。その成功率は約70~80%と言われています。除菌治療が不成功であった例には、抗菌剤を変更して再治療を行うことで多くの例で除菌に成功します。

pagetop